茨城県結城市にある結城尚武館では門下生を募集しています!

創設から今へ

s27nen.jpg 昭和28年12月14日、元警視庁剣道師範・近藤治三郎範士が郷里の結城市穀町に結城尚武館を創設。
少年剣道・一般を併せて50余名の門人が集まりました。しかし、昭和33年8月15日、近藤近藤治三郎範士が死去したことから道場は閉門となります。
その後も門下生や剣道愛好家たちの剣道熱は高まるばかりで、場所を変えながら稽古を続けていました。残念なことに、高校の体育館を使って稽古していたとき、校内で不審火が二件発生した事から、学校では施設の夜間禁止。
これまで同高で練習していた二十余人の会員は練習場所を失うこととなります。この話を聞いた曽雌哲雄(現結城尚武館館長)は、「青少年の心身鍛錬のためにぜひ続けたい」と私費六百万円を投じ、昭和49年に結城尚武館の再建を図るため、現在地に155.32㎡の道場を建設し昭和49年11月4日開館することになりました。
館長には近藤治三郎範士の門人で、曽雌哲雄氏の高校時代の恩師である田中宗裕氏(元茨城県立結城第一高等学校校長)を迎え、同氏が二代目館長に就任。
一般に開放された剣道場では毎週月・金・土曜日の三日間、120余名の愛好家が練習に励み、場内には元気な声が響くようになりました。
その後、昭和59年に教士七段・曽雌哲雄氏が第三代館長に就任し、現在に至っています。
なお、同年に道場の増改築も行っています。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0